無添加だから安心のドッグフード

同じ犬でも、なんでも食べるという子もいれば、食が細くて栄養が足りていないという子もいます。なんでも食べる子には飼い主もつい甘やかして、人間の食べ物を与えてしまいがちです。しかし、犬にとって人間の食べ物は消化吸収に悪いだけではなく、健康被害を与えてしまう危険性もあります。ドッグフードであればどれでも安全かというと、そうではありません。中には使わなくても困らない着色料が大量に使われていたり、原材料が粗悪なのでそれを誤魔化すために様々な添加物が使われているものもあります。こういう人工的なものは、犬の健康に良い影響を与えるはずはありません。犬の体にとって自然のものでないものは、異物になります。安心して毎日与えられるフードを選ぶならば、無添加で良質なものを選ぶのがポイントです。

安心して与えられる肉が使われている

なんでも食べる犬ですが、本来は肉食です。犬の祖先である狼はほとんど肉しか栄養にできない体になっています。犬は人に飼われるようになってだいぶ色々なものが消化できるように変化していますが、本来肉食なので肉を与えるのが一番消化器官に負担をかけません。ドッグフードの原材料の表記に鶏肉や牛肉など肉の名前がちゃんと書かれていればいいですが、チキンミールやチキンパウダーなどの表記がある場合は人間では食べられないようなクズ肉や肉以外の血液や皮膚が含まれていることがあります。無添加のフードは、こういう人間が食べられないものは使わないというコンセプトのもとで作られています。飼い主が食べても無害な原材料を使っているので、愛犬にも安心して毎日与えられるようになっています。

誤魔化すための添加物を使っていない

添加物には、保存料、着色料、甘味料などがあります。保存料はフードの保存期間を長くしてくれるので、腐りにくくなる、着色料は見た目が良くなり美味しそうに見える、甘味料は犬の嗅覚と味覚を刺激して美味しく感じさせるという効果が得られます。しかし、これらの成分は人工的に作られた合成化学物質なので、犬の体に良い影響は与えません。むしろ、発がん性を高めたり、アレルギーを引き起こす原因になる危険性があります。特に着色料は犬にとってフードの色は関係ないので、なくても良いものの代表です。わざわざ使われているのは、粗悪な原材料の悪い色を隠すためです。無添加のドッグフードは、もともと良質な素材を使っているので原材料そのままの色になっています。見た目はイマイチですが、美味しさと安全性が保証されています。