無添加ドッグフードの魅力を紹介します

無添加とは、化学的に合成された添加物が入っていないということ。人が食べる食品にも化学合成された添加物は含まれています。合成された添加物には、食品の見栄えを良くするため色を強調する着色料や、美味しそうな匂いをつける香料、食品の酸化を防ぎ、長期保存を可能にする酸化防止剤などがあります。食品の安全性を保つために、添加物は必要なものなのです。人が口にする食品は、食品衛生法によって安全性を保つための規制がなされていますが、ドッグフードなどのペット用のフードはこのような規制がないために、品質が良くない安価なフードのなかには、添加物を多く含むものがあるのです。無添加のドッグフードは、化学的に合成された添加物を使用せず、自然由来のナチュラルなハーブなどの成分で品質を保っているフードなのです。

愛犬に安心して与えられるフードを選ぶメリット

無添加のフードは、比較的安価な一般的なフードと比べると安全性が高く、品質が良いものが多いのです。何より合成された添加物を含まないという点で安心です。安価なフードには、酸化防止剤、着色料といった添加物が多く含まれています。長い間、これらの添加物を取り続けることで、抵抗力が落ちて病気になりやすくなったり、毛並みが美しく保てなくなったりなど健康を維持できなくなる可能性もあるのです。合成添加物を含まないナチュラルなフードは、ワンちゃんの健康を維持するための栄養バランスにも優れています。品質管理も徹底されていて、原材料もしっかり表記されているものが多いことも特徴です。一般的なフードの原材料では、主原料となる肉類に、「ミール」と表記されているものが見られますが、この「ミール」には、肉の副産物と呼ばれる、動物の爪や毛などといったものが含まれている可能性があるのです。主原料の表記が「鶏肉」、「乾燥肉」など、きちんとされているフードを選べば安心です。

愛犬の健康を維持してくれるドッグフード

無添加のドッグフードは、病気のリスクを少なくする安全性、安心して与えられる品質の良い原材料、そしてワンちゃんの健康を維持するための栄養バランスに優れていることが魅力です。ワンちゃんは、自分でフードを選ぶことができません。飼い主さまが、安全で安心して食べさせてあげられるフードを選んであげることが大切です。品質の良いフードを与えることで病気のリスクを減らし、ワンちゃんの健康を維持することで、一緒にいられる時間を少しでも長くすることも期待できるのです。しかし、せっかく品質の良いフードも、1度や2度、たまに与えても、ほとんど意味がありません。継続して食べ続けることが大切なの。コストの面で続けやすく、ワンちゃんの嗜好と体質に合うフードを選んであげましょう。